マンション経営は
利回り率が魅力

低金利が続いているし
資産運用のいい方法はない?
ドクター野中
他の投資商品に比べてマンション経営は
高い利回りで人気です。

ドクター野中のワンポイントアドバイス

他の金融商品と比べても
高水準の利回りが魅力。

日銀の金融緩和政策により、低金利時代がこれからもしばらくは続くと予想されます。マンション経営の場合、物件により様々ですが新築の場合は約4%から5%と高い水準です。

金融商品と特徴 マンション投資の場合
株式 高い配当を得ることもあるが、逆に元本割れの危険性もあり。ハイリスクハイリターンの場合がある。 安定した収入が得られる
不動産投資信託 長期金利の変動に影響を受けやすい。銀行ローンなどの借入が難しく、現金購入が原則である。 不動産ローンが利用でき、レバレッジの効いた投資を行うことができる。
預金 現在歴史的な低金利で、都市銀行の1年間の大口預金でも利息が0.025%となっている(2013年5月15日現在)。さらにインフレにより現金の価値は下落する傾向にある。 利回りは4%以上の場合が多く(物件の条件によって異なります)家賃は物価上昇の影響を受けづらい。マンション価格は景気回復によって上昇する場合も。
デフレの際には強みを発揮する傾向にあるが、金利上昇期には下落基調となる傾向にある。しかも利息・配当は生まない。 毎月の家賃収入が得られる。現物投資であり、物価上昇にも強い。
金融商品と特徴
株式 高い配当を得ることもあるが、逆に元本割れの危険性もあり。ハイリスクハイリターンの場合がある。
不動産投資信託 長期金利の変動に影響を受けやすい。銀行ローンなどの借入が難しく、現金購入が原則である。
預金 現在歴史的な低金利で、都市銀行の1年間の大口預金でも利息が0.025%となっている(2013年5月15日現在)。さらにインフレにより現金の価値は下落する傾向にある。
デフレの際には強みを発揮する傾向にあるが、金利上昇期には下落基調となる傾向にある。しかも利息・配当は生まない。
マンション投資の場合
株式 安定した収入が得られる
不動産投資信託 不動産ローンが利用でき、レバレッジの効いた投資を行うことができる。
預金 利回りは4%以上の場合が多く(物件の条件によって異なります)家賃は物価上昇の影響を受けづらい。マンション価格は景気回復によって上昇する場合も。
毎月の家賃収入が得られる。現物投資であり、物価上昇にも強い。

国内でつくり、借りて、売却できる
外的要因の影響を受けにくいマンション経営。

現在では金融緩和が進み、様々な金融商品も利回りが低下傾向となっています。そんな中でマンション投資は外的要因(国外の政治リスク)、為替リスク、等の影響を受けづらい性質を持っています。つまり、国内で作り、国内の方に借りていただき、国内の方に売却するケースが大半だからです。一方、リーマン・ショックに象徴されるように、株式や為替等は外的要因による影響を受けやすい投資商品といえます。

安心コラム5

マンション経営の人気を
支える高い利回り率。

投資マンションが人気を得だした1980年代は、値上がり益を狙った投資が主流でした。いまマンション経営が再び注目を集めているのは、購入価格を元本とした場合の家賃収入の割合、つまり「利回り」が高いからです。物件価格はほぼ底値、金利は史上最低の今、収益性の高い都心の一等地のマンションを賃貸で運用すると、表面利回り4%以上を得ることも可能です(経費や諸費用などを考慮しない利回りの場合)。

年間利回り額例 銀行預金の場合預金1600万円 利回り0.3% マンション経営の場合 投資用マンション1600万円 利回り4%以上

  • ※マンション経営の利回りについては次の計算式を基に算出しております。毎月収入×12ヵ月÷物件価格=利回り(利回り計算式には運営にかかわる経費は含めません)
  • ※利回りは満室時を想定して算出しております。
  • ※マンション経営は、物件価格1,600万円、月額家賃収入約54,000円とした場合の概算です。

毎年の利益80万円を得るには?

定期預金大口定期なら32億円もの原資が必要

価格2,000万円の投資用マンションと同じ収益を毎年得るには、大口定期預金でも32億円もの原資が必要となります。
しかも、株式投資では売却しなければ利益(売却益)を得ることができず、配当収入も確実なものではありません。

投資マンションが人気を得だした1980年代は、値上がり益を狙った投資が主流でした。いまマンション経営が再び注目を集めているのは、購入価格を元本とした場合の家賃収入の割合、つまり「利回り」が高いからです。物件価格はほぼ底値、金利は史上最低の今、収益性の高い都心の一等地のマンションを賃貸で運用すると、表面利回り4%以上を得ることも可能です(経費や諸費用などを考慮しない利回りの場合)。

安心コラム6

マンション購入に関するお問い合わせ