IRポリシー・免責条項|新築分譲マンションなら日本エスリード

IRポリシー・免責事項

IRポリシー

1)IR活動の基本方針と目的

当社は、株主や投資家の皆様に対して、当社情報を公平かつタイムリーにお伝えするためにIR(Investor Relations)活動を行うことを基本方針としております。 当社の業績や財務情報、経営戦略、事業内容等に関わる情報を正確にお伝えすることによって透明な経営を実現し、株主や投資家の皆様との中長期的な信頼関係を築いていくことをその目的としております。

2)情報開示の内容

株主や投資家の皆様の投資判断に影響を与える決定事実、発生事実、決算情報等の適時開示のほか、開示すべきその他の「重要事実」について、迅速に公表を行います。また、当社は、金融商品取引法に定められた「フェア・ディスクロージャー・ルール」に則り、株主や投資家の皆様の投資判断に影響を与える「重要情報」の開示についても、迅速かつ公平な情報開示に努めます。

3)情報開示の体制

情報取扱責任者は管理本部長、情報開示実施部署を経営戦略部としております。情報取扱責任者は開示の要否の判定にあたり、必要に応じて、社外では顧問弁護士、社内では監査等委員会及び内部監査室等のチェック及びアドバイスを受けるものとしております。結果として開示要と判断された場合には、必要な社内手続きを経ることとしております。

4)情報開示の方法

情報開示にあたっては、情報取扱責任者の厳格な管理のもと、情報開示実施部署である経営戦略部にて集約、開示いたします。 当社が公表する適時開示情報及びその他の「重要事実」につきましては、TDnet(Timely Disclosure network:東京証券取引所が提供している適時情報伝達システム)を通じて公表するとともに、当社ウェブサイトにて開示し、公平性に努めます。  また、「フェア・ディスクロージャー・ルール」における「重要情報」の開示につきましても、適時開示情報及びその他の「重要事実」以外の「重要情報」は当社ウェブサイトにて公表し、迅速かつ公平な情報開示に努めます。

5)沈黙期間の設定

決算発表資料を準備している間に株価に影響を与える情報が漏れてしまうことを防ぐために、当社は、 決算発表の直前にあたる2週間を「沈黙期間(クワイエットピリオド)」とし、IR活動を自粛します。この期間中は、決算内容に関するご質問にお答えすることを控えさせていただきますので、ご理解いただきますようお願いします。

免責事項

当ウェブサイトに「IR情報」として掲載されている事項は、日本エスリード株式会社の財務情報、経営情報等の提供を目的としたものであり、内容についていかなる保証をするものではありません。

当ウェブサイトには当社が開示している情報の全てが掲載されていない場合、または他の方法で開示された情報とは異なった表現の仕方をしている場合があります。また、予告なしに内容が変更または廃止される場合がありますので、あらかじめご承知おきください。

当ウェブサイトに掲載されている当社の将来の見通しに関する記述は、当社の経営陣が現在入手可能な情報・仮定・判断に基づいて作成されており、様々なリスクや不確実性を含んでいます。従って、将来、実際に公表される業績等は変動する可能性があります。

重要事実の開示に関しては、公開から12時間以内(金融商品取引法施行令第30条に言う“公表”前)に当ウェブサイトに掲載される場合があります。この際、“公表”前に当ウェブサイトをご覧になった方はインサイダー取引規制で定められた第一次の情報受領者という扱いになります。このような方が“公表”前に当社株式等を売買された場合には、インサイダー取引規則違反として金融商品取引法の規定に抵触する恐れがありますのでご注意ください。

当社は、当ウェブサイトに情報を掲載する際には、細心の注意を払っております。しかしながら、当社はこれらの情報の内容が正確であるかどうか、有用なものであるかどうか等については、一切保証致しません。また、当社は皆様がこれらの情報を使用されたこと、もしくはご使用になれなかったことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。

当ウェブサイトに掲載されている事項は、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。実際に投資を行う際は、お客様自身のご判断で行うようお願い致します。当ウェブサイトに掲載された情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社及び情報提供者は一切責任を負いかねます。